色々な検診

私が初めて乳がん・子宮がん検診を受けたのは30歳のころでした。
当時勤めていた会社の健康診断で、年上の同僚から「若いうちから受けておいたほうがいいよ」とアドバイスされたのがきっかけです。
その後、勤務先や市町村の検診など、内科検診のついでに必ず受けています。

婦人科検診について思うことは、若いうちはやはり抵抗があるのではないかなということです。今はお医者さんも検査技師さんも同性が多いので、精神的にはかなり楽な面もあると思うのですが、生理が始まる前の年齢から婦人科の先生に診てもらう。それを当たり前のことにすれば、たぶん婦人科系の疾患に関しては早期発見に結びつくような気がします。

何より、毎月の生理が原因でPMSなどになり、その時期だけ勉強に集中できなかったり、精神的に不安定になり人間関係がうまくいかなくなったりする女の子も多くいるような気がします。
そんな女の子が、自分ひとりではどうしようもないホルモンバランスのために、自分を責めたり、落ち込んだりするのを防ぐために、婦人科のかかりつけ医をもつというのはこれから大切なことだと思います。

最近、私が婦人科に行ったのは半年ほど前のことです。生理不順がつづき、さすがに心配になってしまったのですが、診断結果は更年期に入りつつあるということでした。
骨粗しょう症の予備軍となり、今から予防のため、お薬を飲む、運動をする、野菜も摂るなどの指示をいただきました。
がんに関しては現在のところ心配はないとのことですが、父方が心臓疾患で亡くなっている人が多いので、私も用心に越したことはないと感じています。
近々、心臓ドック【http://xn--pckwbr7129bzu9a.com/ 】にも行こうと思っています。

女性特有のがんになった場合、乳房の切除、また治療による抜毛など「女性らしさ」を失う場合が多いので、美容外科と連携した治療が行われれば、がんに対する受け止め方も違ってくるのではないでしょうか。
婦人科もビルの中にあり、1階がアロマショップとか、おしゃれなカフェとか若い女の子が入りやすい建物のなかにあって、献血をする感覚で婦人科検診ができたらとも思います。

教育費は節約しない。

夫のお給料の変動も激しく、年収も多くはないのと子どももいるので貯金はありませんが、私は基本的には倹約家タイプです。

大きなお金が入ってくると、まずは貯金します。それから使っていいお金だけ専用も口座に入れて、3000円ずつくらいチビチビとお金を下ろして使っています。すぐなくなるので、まとめてお金を下ろしたらいいのに、もったいなくてできないのです。

そんな私が大胆にお金を使ってしまうのが「教育費」です。息子は学費の高い大学へ入れました。私は通信制大学へ8年も通っていて、学費もパート代から出しています。また、WEBデザインのスクールへ最近行って20万円はローンを組みました。

独身のときにも英会話スクールには50万円くらい使いました。勉強にはお金を惜しまずテキスト代、書籍代にはケチケチせずに使ってしまう傾向にあります。

自己投資費用は最後は自分に返ってきます。スキルアップすれば、よりレベルの高い仕事ができるようになり、お給料も増えます。だけど、夫にはそんな私の考え方はバレないようにしています。一応、倹約家と思ってもらっているので。

交通費も節約してパート先まで自転車で通っていました。普通の人なら電車で通うような距離のところをです。マイお弁当、マイボトルも持参で仕事へ行きます。仕事に行くたびに、外でお弁当を買って、飲み物を買う同僚とは、大きく差をつけていると思っています。

どうでも良い出費を抑えて、本当に必要なものにドーンとお金を使うのが私流です。

このような感じで私はお金を貯めたり使ったりしています。使うばかりではお金は貯まりませんし、貯めるばかりでは楽しくもないので私的に丁度いい具合でお金を使っていますよ(^◇^)

無理をしないっていうのが一番お金生きている気がしています!(^^)!

 

メールの回数が減りました。

結婚前と結婚後で変化したなと感じるようになったのは、メールの回数です。結婚前は同棲をしていなかったのですが、結構頻繁に「今何しているの?」「今度でかけようよ」といったメールをお互いに送りあっていました。

ずっと2人一緒にいる訳ではないので、頻繁にメールでメッセージを送って連絡を取ったりコミュニケーションを取ったりしていました。また、メール以外に電話でも会話していましたが、気軽にできるメールの方が圧倒的に連絡回数が多かったですね。

ところが結婚後はほとんどメールを送りあわなくなりました。結婚後同棲を始めたのですが、2人でいる時間が以前よりも増えたせいか特にメールを送る必要性が無くなったんです。

家に帰れば顔を合わせることとなりますし、普段メールをするとなると買ってきてほしいものをメールで教える位です。

メールをしなくても直接会ってコミュニケーションを取れるようになったからこそ、メールの回数が結婚前よりも減ったのだと思います。

メールをしなくなったからさみしいといった感情もなく、特に悲しさが湧き上ることもないので普通に生活しています。

むしろ以前よりもきちんと会話できる環境が整って、嬉しく感じている面もあるんです。これは同棲するようになったことで得ることのできたものだと思います。

むしろメールをしなくなったことで以前よりも面と向かって話す時間を大切にできるようになり、思わぬ効果があったと思いますね。これからも夫婦の会話の時間を大切にしたいものです。

そういえば、この間旦那さんに「太った?」って言われちゃいました(*_*)

何となく自分でも気付いてはいたんですが、ついに言われてしまった、って感じですね。そのあと恐る恐る体重計に乗ってみると、なんと結婚前と比べると7キロも太ってる(´・ω・`)

さすがに凹みましたね。そりゃ7キロも太ったら言われるよな・・・。

このままだと駄目だと思い、ダイエットする事にしました。運動は苦手なので流行りの酵素ダイエットに挑戦しています。

ネットで酵素ドリンクを購入し、毎日飲んでますよ。もちろん食事量にも気を使っています。出来るだけ炭水化物は取らないようにしてます。

今年中には昔の体重に戻れるように頑張りたいですね。

父が旅行先で怪我をした時

両親が団体ツアーを使って2泊3日の国内旅行に行った時、2日目の午前中に父が観光地の階段で転び、額に怪我をおいました。 救急車で病院に運ばれ数針縫うはめになりましたが大事には至らず、入院もせずに夕方にはホテルへ戻れたそうです。

しかし傷の大きさは大したことはなかったけれども、そこそこの深さだったらしく、入院は必要ないけれどなるべく歩き回らず安静にと言われ、翌日ホテルをチャックアウトするとツアーから外れ、両親はいち早く家に帰宅することになってしまいました。

その後は、近所の外科に電話をかけ経過治療や抜糸をしてくれる病院を探し、保険証を持って旅行に出掛けなかったために、旅行先の病院にあとから保険証のコピーとお礼もかねて手紙と菓子類を贈り、旅行会社にもお礼の電話をかけ、ガイドさんにご迷惑をかけた旨を説明したりしました。

昔から両親が行きたかった観光地なのですが結局初日しか楽しめず、翌日の観光地1ヶ所目を見る前に怪我をしたので、微妙な旅になってしまったと思います。写真も思った以上に少なく、お金だけを消費して遠くに一泊旅行をしたというような気分だったようです。良くよく効くと旅行慣れをしていない両親は、もしものことと考えてカードローンまで作っていたようです。

まあ、結局そんなに使うことはなく病院代ぐらいだったので、使わなくてよかったのですが、作っておくともしもの時に安心という事から作ったようです。お金まで借りて旅行に行かないといけないわけではないので、それってちょっとどうかな?っても思ったのですが、本人たちがそれで安心して旅行に行けるのならばしょうがないですよね。

カードローンの審査自体は、今までお金なんて借りたことのない人ですからすんなり通って、すんなりカードが送られてきたみたいです。カードを見てみたのですが、一目だとクレジットカードやキャッシュカードのような感じなのでローンカードだとばれないところもいいですね。

急な怪我なので仕方のないこととはいえ、娘としてもなんだかもの寂しい気になってしまった一件でした。

全然痩せられない

私のコンプレックスは小さいときからぽっちゃり体型だと言う事です。

気がつくと幼稚園からすでにぽっちゃり、小学校へ入るとそのままぽっちゃり、そして中学校へ入ってテニス部に入り鍛えあげられた身体はぽっちゃりプラス筋肉が付きがっちりへと変わっていきました。

高校へ入ってもテニスを続けた為、筋肉が落ちる事なく子持ちししゃものような足に太い太もも、そして顔はぽっちゃりともう悩みの素が盛り沢山。

そのうち社会人になり、そこでもテニスクラブに入ったり、時には水泳をしてみたり、少しは筋肉も落ちたかなと思いましたが私の人生ぽっちゃりからは抜け出す事はありませんでした。

そうこうしている間に結婚、そして一大イベント出産がやってきた時ヤバイと思いました。妊娠で人生最大の体重になってしまったのです。

出産を終えたはずなのに体重が戻らず、仕事もそのまま復帰することなく専業主婦になり、子育てをしているうちに更に体重増加。今まさに横綱級になってしまいました。

昔は同じダイエットをしてもすぐに体重は落ちたのに、今やっても全く体重が落ちてくれません。

それだけ歳をとり代謝が悪くなっているのは分かるのですが、身体が重すぎて運動にも踏み切れず。毎日自分の身体に悩んでいます。

樽のような身体になってしまった事、今は出来るだけ野菜を多めの食事にしたりしていますが、少しでも改善出来たらいいなと思っています。

あまりおいしくないですが、頑張って毎日青汁も飲んでますよ。

健康的な身体にはなっているんでしょうが、痩せないんですよね。。。どうやったら痩せるのか、、、本当に何かいい方法を教えてほしいですね。

もうお金貯めて、脂肪吸引するしか残された道はないのでは?って思っちゃいますね。

とりあえず、半年以内で10キロは痩せるように死に物狂いで頑張ってみます!!

専業主婦生活も結構忙しかったりするのです。

私の生活は早起きから始まります。朝5時少し前に起床してすぐに家族3人分のお弁当作りからスタートです!

もともと寝つきが悪いので最近では寝つきをよくする方法としてそれようのドリンクを飲んでから寝るようにしています。そうすると、すっと眠りに付くことができ、早起きをするのが辛くならず、身体の調子もいいですね。

3人分ともなると結構おかずも用意しておかなくてはいけないので前日に下ごしらえまでは済ませています。そして同時に主人が早く会社に行くので主人用の朝ごはんも 簡単和食で揃えます。

その後子供たちの朝ごはんを作って起こして用意をさせ、下の子は幼稚園へ送迎します。帰ってきたらゴミ捨てや家事・犬の散歩・近所のスーパーでのお買い物を行います。

これをすべてこなしてホッと自分のお昼ご飯を食べていると幼稚園のお迎えまでには大好きなドラマを一本見れるかみれないかの時間しか残っていません。

一見暇に見える専業主婦ではありますが、結構ばたばたと忙しく小さな家事や用事ばかりが多々あり忙しい私なのでした。

あとは暇があれば趣味でもあるパン作りに励んでいたりするので時間はいくらあっても足りないのです!

時間の段取りが悪いのかと思って見直したりもしていますが、それでもあっという間に時間は過ぎてしまいますね((+_+))

子供がまだ小さくて手がかかる年齢なのでそれはそれで仕方ないのかな・・・もう少し大きくなって手が離れてきたらこの悩みは解消されるかも。といっても、それはそれでちょっと寂しい気もしますが(笑)

とにかく、毎日忙しく、子育てと家事に追われています(*^-^*)

 

先を考えて。

今年で40歳。結婚が遅かったので、子供も去年生まれたばかりです。

子供が成人するまではまだ20年先、その時は60歳になってます。

すなわち短くても60までは元気で頑張っていかないといけません。

なので、健康の為に食生活を見直すことにしました。

今までは脂っこい物ばかり好んで食べていたんですが、今年からは野菜を中心とした食事をとるように心がけています。

やっぱり野菜は体にいいですからね♪